出産前に準備しよう!入院・育児のために必要なものすべて

妊娠・出産

これから出産を迎えるお母さん、長い長い妊娠期間本当にお疲れ様でした。

さて、出産をしたら入院中からノンストップで育児が始まります。

そのときに何を用意したら良いか迷ってしまうもの。

 

今回は、産後の入院生活、家に帰ってからの育児で必須なものと、私が買っておいて良かったって思うものを紹介しようと思います。

もう用意してあるママも、「これを買うのも良いかもしれない」って思う物があるかも。

 

【入院セット】出産で入院をするときに必要なもの

 

入院するときの持ち物は、意外といっぱいあります。

時間があるときに準備しておきましょう。

 

入院に必須な持ち物

まずは必須な持ち物から。

  • スリッパ
  • 授乳ブラ ×3枚
  • 産褥ショーツ ×3枚
  • コップ
  • 歯ブラシセット
  • 化粧水・クリーム
  • シャンプー・コンディショナー・ボディソープ
  • 生理用ナプキン(夜用)×1パック
  • ビニール袋 ×2〜3枚
  • ボールペン
  • お母さん退院用の服
  • 赤ちゃん退院用の服

私は最初スリッパを持っていかなかったのですが、病院でスリッパが用意されませんでした。

陣痛が来てスニーカーで病院に行ったので、入院生活もスニーカーで送ることに。

お風呂に入ってから部屋に戻るまでにスニーカーを履かなきゃいけなくて気持ち悪いし、足が浮腫んで入らなくなるしで最悪だった…。

耐えきれなくなって、旦那にスリッパを持ってきてもらいました。

もう快適なこと快適なこと。

スリッパはマジで必須ですよ。

 

ビニール袋は着替え終わった下着とかを入れるため。

ボールペンは、病院で色々な書類を書くためのものです。

授乳表やら同意書やら、毎日何かしら書いていたので、持っていったほうが良いです!

 

赤ちゃん退院用の服は、細かく書くとこんなかんじ。

  • 肌着(長・短どっちでも)
  • ベビー服
  • おくるみ(バスタオルで代用可)

入院中の赤ちゃんの服は、病院側が用意してくれるのでいりません。

必要なのは、退院する時だけ。

私はまだ肌寒いときに退院だったのでおくるみを使いましたが、夏に産まれる赤ちゃんの場合はいらないかも。

気温によって使い分けます。

 

持っていくと便利なもの

必須ではないけど、私が入院するときに持っていって便利だったものはこんな感じ。

  • 授乳クッション
  • 置き時計
  • イヤホン

 

授乳クッション

授乳クッションは、母乳をあげる場合にはあるとめちゃめちゃ便利です。

授乳するときに赤ちゃんをずっと抱っこしてるのって、腕が痛くなってくるんですよ。

授乳クッションを使えば高さを出せるため、その上で赤ちゃんを軽く支えるだけで授乳ができます。

 

置き時計

意外と大事。

私は病室に時計がついていなかったので、重宝しました。

スマホで時間を見れば良いというのもありますが、いちいち画面をつけるのが面倒くさいんですよ。

置き時計があればそっちを見るだけで時間が分かるので、夜の授乳のときも楽でした。

 

イヤホン

4人部屋だったので、イヤホンが役立ちました。

出産後ってハイになるから、夜全然寝られないんですよ。

母子同室で赤ちゃんが立てるちょっとした物音で起きるのはもちろんだけど、同室の人と看護師さんが話してる声も気になって寝られなくなるんです。

だから私は、YouTubeで睡眠用BGMを検索して、イヤホンで聴きながらベッドで目をつむっていました。

それでもやっぱりホルモンの関係で寝にくいけど、物音に悩まされるよりは全然良かったです。

 

新生児育児スタート前に揃えておくもの

 

退院後、家で育児を始めるのに必要なものをお伝えします。

 

育児に必須なもの

まずは、家での育児に必須なもの。

  • チャイルドシート
  • 赤ちゃん用布団
  • ベビーせっけん
  • ベビー用爪切り
  • 体温計
  • 赤ちゃん用の保湿クリーム
  • ガーゼハンカチ ×10枚ほど
  • バスタオル ×5枚ほど
  • 短肌着 ×5枚ほど
  • 長肌着 ×5枚ほど
  • コンビ肌着 ×3枚ほど
  • ベビー服 ×5枚ほど

赤ちゃんの肌は、今はとにかく保湿が大事って言われているそう。

私の赤ちゃんも一時期ワッと湿疹が酷くなったんですけど、1日に何回も保湿をしていたらすっかり治りました。

どんな保湿剤が良いか分からない場合は、買いだめはしないでとりあえず1つだけ用意しておくのがおすすめ。

 

それと、赤ちゃんは飲んだものをよく吐き戻します。

そりゃもう、授乳が終わるたびにケポケポと。

だから、ガーゼハンカチと肌着はあればあるほど良いというのが私の感想です。

 

あると便利なもの

必ず必要!とは言われなかったけど、買っておいたら役立ったものがこちらです。

  • ベビーバス
  • 鼻吸い器
  • ベビーカー
  • 抱っこ紐

 

ベビーバス

沐浴をするときは栓をした洗面所で洗えば良い、という意見もありますが、私的にはベビーバスがあって良かったです。

赤ちゃんを支えながら入れるのが楽な構造だから、洗面所で赤ちゃんを洗うよりも絶対楽。

何より、いちいち洗面所を洗わなくて良いから助かる!

洗面所は毎日みんなが顔や手を洗ったり、歯磨き後にぺーしたりするから正直汚い…。

ちゃんと洗ってから沐浴するにしても、そこに赤ちゃんを入れるのは気が引けます。

 

鼻吸い器

これは本当にあって良かった!

赤ちゃんの鼻の穴は小さいから詰まる詰まる、本当によく詰まる。

鼻詰まりなんて自然に解消するだろうと思って最初は買わなかったんですが、一回詰まって固まった時は、そりゃもう大変でした。

 

ずーっと不機嫌でぐずぐず、抱っこしても何をしても泣きっぱなし。

鼻から息ができないから、授乳したら余計に泣いちゃうんです。

だから鼻吸い器で固まる前に鼻水を取るようにしたら、ぐずぐずになることもなくずいぶん楽になりました!

私にとってはなくてはならない物です。

 

ベビーカー

これはあってもなくても大丈夫だけど、あると楽。

少し近所にお散歩しに行くときに使えます。

 

抱っこ紐

抱っこ紐は本当に便利!

買い物や病院、ちょっとしたお散歩に連れて行くのが楽になります。

抱っこしてないと泣いちゃう場合でも抱っこ紐があれば、抱っこしたまま家事ができるので、私は毎日使ってますよ。

首がすわる前から使える抱っこ紐もあるので、1つ買っておくと生活が楽です。

 

まとめ

育児に必要なものは意外とたくさんあります。

産後に「あれがなかった!」って焦ることがないように、余裕を持って用意しておきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました