買わなくて良い!出産準備でいらなかったもの

出産前は、準備するものがたくさんあってバタバタです。

特に初めての出産だと、何を買ったら良いか分からないから大変。

出産予定の病院からもらったパンフレットに準備するものが書いてあるから、その通りに準備すれば良いと思いますよね。

 

でも、ちょっと待って!

パンフレットに書いてあったから用意したけど、全然いらなかった!っていうものがわりとあるんです。

私も、パンフレット通りに用意して使わなかったものがありました。

 

私が実際に育児して感じたことをもとに、準備しなくても良いものをお伝えします。

 

買わなくても大丈夫・買っても結局使わなかったもの

まずは、今までそこまで必要なかったし、これからも必要なさそうなものを挙げてみました。

 

新生児用のおでかけ服

はじめての赤ちゃんだから、あれもこれも可愛い服が欲しくなりますよね。

 

でも、その気合の入った高い服、ほとんど着る機会がありません。

なぜなら赤ちゃんは吐く、吐く。とにかく吐く。

もうヨーグルト製造機です。

それと、男の子の場合はオムツ替えのタイミングでおしっこをするのはお決まりなので、服がびしょびしょになることも多い。

 

高くておしゃれな服が汚れるのはもったいないから、来客がある時やお出かけ用として待機させることが多いです。

使うのはいつも、汚れても良いシンプルな肌着や安い服。

 

でも実際、1人目出産後は、赤ちゃんが小さいうちに出かけることはほとんどありません。

基本は家にこもって育児の毎日です。

 

そうこうしているうちに赤ちゃんが大きくなって、せっかく用意した可愛い服は、もう着られなくなっている…。

 

赤ちゃんが小さい時に必要な服は、安くて着やすいもので良いんです。

気合の入った服は必要ありません。

 

ちゃんとした服を着せて写真を撮りたい!ってことで何枚か用意するのは大アリです。

汚れても良い服で撮った普段の写真も、なかなか思い出になりますよ。笑

 

新生児用の靴下

新生児用の靴下は、病院でもらったパンフレットに必要とあったから私も買ったんですが、

1回も使いませんでした。

3月産まれでまだ寒い日も多かったけど、赤ちゃんは素足で過ごしました。

 

ほとんど外に出ないし、寒い時は暖房をつけてるしで、靴下なんか履いたら暑いです。

赤ちゃんは手足で体温調節をするので、その足が靴下で塞がれていたら、体に熱がこもっちゃう。

健診で出かける時も、車から病院のドアまでしか外に出ないし、室内は暖房で暑くなっています。

 

履くことがなかったけど、しもやけになってもいないし赤ちゃんも不機嫌だったわけではなかったから、使わなくて良かった。

1回も履かなかったから、もったいなかったなぁ…。

 

ひっかき防止用のミトン

ミトンはそもそも買いませんでした。

赤ちゃんが自分の顔をひっかかないようにするのに良いってことでしたが、私がお世話になった助産師さんが

ミトンをして色々なものを触る機会を奪うのはもったいない

って言ってたから。

 

たしかに、手のひらって神経がすごい集中していて、そこで物の形や感触、温度を感じるから、ミトンで隠しちゃうのはもったいない。

だから、買うのはやめました。

顔をひっかいて小さい傷がつくことも多いですが。本人はケロッとしてるから大丈夫かな。

爪はこまめに切るように気をつけています。

 

あと、ミトンを買った人の中でも

手を動かして自然に取れちゃうからミトンを付けても意味がなかった

っていう意見が多かったから、買わなくて正解でした。

 

おくるみ

おくるみも買ったけど、マジで使わない。

出産した病院を退院する時しか使っていません。

 

赤ちゃんをくるんでおく機会は多いですが、バスタオルで事足ります。

洗いざらしになっていない、比較的新しめなバスタオルさえあれば、おくるみはいりません。

しかも、バスタオルなら抱っこする時やお風呂など色々なことに使えるから便利。

 

全部バスタオルを使ったほうが早いから、おくるみは退院後しまったままになってしまいました。

 

湯温計

湯温計も買ったけど、一度も開封しないまま沐浴の時期が終わりました。

大人のお風呂に入れるようになったら、ますます必要がなくなります。

 

沐浴はベビーバスにお湯をためていたのですが、温度は手で触って確認すれば良いんです。

お湯が熱すぎたり冷たすぎたりしても、自分の手で分かるし。

お風呂場のパネルでシャワーや湯船の温度は見られるしね。

 

赤ちゃんが火傷したり、寒い思いをしなければ、いちいち数字を見て温度を確かめる必要もないんですよね。

そもそも火傷するほどのお湯って出ないし。

 

湯温系は、私の中で必要なかったもの圧倒的1位でした。

 

出産してから買うか検討すれば良いもの

赤ちゃんの育て方や生活のスタイルによっていらなくなるグッズもあります。

そういうものは、出産前に急いで準備しても無駄になってしまう可能性があるんです。

 

ベビーベッド

出産後に自分が母乳がわりと出るほうだと発覚した場合、

ベビーベッドはもしかしたら邪魔になるかもしれません。

なぜなら、添い乳がめちゃめちゃ楽だから。

 

添い乳をしてそのまま一緒に寝たり、自分の布団の横に赤ちゃん用の布団を敷いて、そこに赤ちゃんを並行移動させて寝かせるのがすごい楽なんです。

私の場合、添い乳が便利って気づいてからは、ベビーベッドが邪魔になってしまいました。

 

大人用ベッドで添い乳するのは赤ちゃんを落としてしまう危険があるから、退院後は布団を敷くスタイルにしたんです。

敷いた布団で添い乳した後、わざわざベビーベッドに赤ちゃんを寝かせるのってすごい面倒くさいんですよ。

夜は特に眠いから、授乳後に体をなるべく起こしたくない…。

 

オムツ替えも、床の高さのほうが楽だったりします。

ベビーベッドでやれば位置が高くなって楽だと思いきや、中腰にならなきゃいけなくて大変です。

膝立ちでも前のめりになる必要があって、腰が痛くなる。

 

ベビーベッドは、買った後に邪魔だったって気づく可能性があります。

退院後、自分と赤ちゃんの生活スタイルが少し決まってきてから、必要だったら買うのが良いですよ。

 

哺乳瓶や消毒用品

哺乳瓶や消毒用品がいるかどうかも、自分の母乳の出具合によります。

私は買っておいて、退院のときはまだそこまで母乳は多くなかったから、ミルクを足すのに使っていました。

でも、今はもう完母になったから、まったく使っていません。

 

最初からミルクって決めている人はもちろん哺乳瓶も消毒用品も買わなきゃだけど、

「母乳が出るなら母乳で育てようかな」

って思っている人は、出産前に急いで買わなくても大丈夫だと思います。

 

私みたいにミルクを足すように助産師さんに言われたら、退院時に買えば良いんだし。

復職や赤ちゃんを誰かに預けて出かける時があることが決まっていたら必要だけど、そうじゃなければ産後に検討するのがおすすめ。

 

スタイ

スタイも買っておいたのですが、産後2ヶ月くらい経とうとしている今、まだ開封したことがありません。

 

吐き戻しが多いから、スタイよりも赤ちゃんの首元にガーゼを突っ込んでおくほうが断然便利。

ガーゼなら水分を早めに吸い込んでくれるし、赤ちゃんの首の溝に吐いたものが入っていかないから良いんです。

 

ガーゼは出産後いっぱいもらうし、

買うにもお金がかからないし、

何枚も洗濯しても乾くのが早い。

これだけメリットがあるから、遠慮なく使いやすいんです。

 

スタイが必要になるのは、首が座って色々なものを掴んで口に持っていくようになってからでいいのかなって思います。

とりあえず新生児期にはいらない!

 

【まとめ】出産準備は最小限で大丈夫

初めての出産は、産後の具体的な生活が想像しにくいから、何が本当に必要か全然分かりません。

生活スタイルによって必要なものも変わってくるから、病院に教えてもらった通りにもいかないんですよね。

とりあえず思いつくものやパンフレットに書いてあるものを用意しても、無駄になることが多い。

 

しかも、赤ちゃん用のグッズって可愛いのが多いから、色々なものを買いたくなるんです。

だがしかし、新生児期は可愛いものを使うとか気にしてる余裕がなかった…。

 

可愛い服も、赤ちゃんが少し大きくなって出かけられるようになったら買いたいなって思います。

それまで必要なものは最低限のもので済ませたり、何かで代用したりして、お金を貯めておくのが良いんじゃないかな!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました