舌ピアスはどれくらい痛い?血は出る?セルフで開ける方法を解説

Uncategorized

こんにちは。

一児の子育てをしている主婦ブロガーのマキタです。

 

実は私、大学生の頃に若気の至りで舌ピアスを開けたことがありまして…。

 

もう今はしていないのですが、当時は「舌ピアスが開いている自分」に浸ったものです。

 

センタータンに1つだったのですが、最初から最後まで家で一人でやりました。

その時の感想やセルフで刺す方法を書いてみたので、これから舌ピアスをつけたいと思っていたらぜひ読んでみてください。

痛みの話だったり生々しい表現が出てくるので、苦手な人は読まないでくださいね。

 

それではいきましょう。

 

舌ピアスは痛い?血はどれくらい出る?

まず痛みや血の程度について。

私の感想ですが、悶絶するほどの痛みを想像していたけど、思ったほど痛くありませんでした。

 

歯医者で歯を抜いてもらったことありますか?

ある人は想像しやすいと思うのですが、歯を抜く前に歯茎に麻酔を注射しますよね。それくらいの痛みです。

刺している間は、舌を表と裏から爪でぎゅーって強めにつままれている感じ。

 

ニードルの刺し始めから舌を貫通するまで、痛みの強さは変わりません。

終始ぎゅーって感覚で終わります。

 

ただ、刺す前はめちゃめちゃ怖かった。

舌にこんなにぶっとい針刺すの…?

一度刺しちゃったら、そのまま自分で貫通させなきゃいけないの?って。

舌ピ開けたいって自分で思ったくせに、本当に恐怖。笑

でも、一度刺しちゃったらもうやるしかない!って勢いでなんとか貫通させました。

舌って筋肉でできているから、意外と硬い!貫通させるの大変!

終わった後は、手が震えてました。笑

 

ちなみに血はあまり出ず、滲むレベル。

ニードルを抜くと同時にピアスを差し込むはずが、私の場合ニードルが先に完全に抜けちゃったんです。

「やばい!出血で死ぬ!」とか思ったけど、じわじわ出てくるくらいで全然大丈夫でしたよ。かなり焦ったけど…。

ピアスの先で舌に開いた穴を探して、そのまま差し込んで終了。

 

戦を終えた戦士のような顔をしていたと思います。笑

 

刺す前は超怖いけど、終わった後は「あぁ…こんなもんか…」で済みました。

緊張と恐怖と焦りで魂抜けていましたけれども。

 

そして、本当に痛いのは刺した後でした。

 

舌ピアスは刺した後の5日間が痛い!ご飯も食べられない

舌ピアスを刺した後は舌が腫れるって聞いていたのですが、例に漏れず私も腫れました。

ほんっとうに痛い。

ピアスを刺したばかりの時は5mmくらいシャフトの長さに余裕があったんですけど、舌の腫れで全くなくなりました。

キャッチがが舌に少しめり込むほど。

 

物を食べるのはもちろん、喋るのも痛い。

 

腫れが引くまでの3日間は、すっごい舌ったらずな喋り方になりました。

普通に大学に行っている期間だったので、友達に謎がられていましたが、「口内炎」で済ませました。笑

 

食べ物は最初の3日間はジュース、ヨーグルト、ゼリーのみ。

その後はちょっとずつ腫れが治まってきて、ちょっとならご飯も食べられるようになりました。

 

腫れが引くまでは、とにかく舌を動かすのが痛いんですよ。舌全体に口内炎ができたみたいな感覚です。

刺した時より、その後の方が辛かった。

 

セルフで舌ピアスを開ける方法は?まっすぐ開けられるの?

ネットで色々調べはしたものの、私は完全に自己判断でやりました。

 

使ったものと手順を説明しますね。

セルフでやりたい場合は参考までに。ちなみに、位置はセンタータンです。

 

〈用意するもの〉

  • ニードル(14G)
  • ファーストピアス(ストレートバーベルで14G、シャフト20mm、ボール5mm)
  • リステリン
  • 鏡(手持ちは×)
  • 爪楊枝
  • タオル

 

シャフト長くない?って思うかもしれませんが、これくらい長い方が良いです。

刺した翌日から舌が腫れるので、あまり短いとキャッチが舌に埋まっちゃいます。

刺した当日はシャフトやっぱり長いな?って思うくらい余りますが、私の場合は次の日から全くシャフトが見えなくなるくらい舌が腫れました。

なので、20mmくらいの長いものを使うのがちょうど良いです。

 

腫れが引けば自分の好きなピアスを使えますよ。それまでの我慢!

 

では、次に手順の説明です。

 

〈手順〉

  1. 歯磨きをした後、口をリステリンでよくすすぐ
  2. つまようじの平らな方を舌に押し当てて、鏡を見ながら刺す位置をシミュレーションする
  3. 舌をまっすぐ出して指で掴んでおく
  4. 舌の裏からニードルを刺す
  5. ニードルが舌の表側に貫通したら、ニードルの平らな側にピアスを押し当ててる(このときよだれがダラダラ流れるから、タオルがあると良い)
  6. ニードルを舌の表側から抜きながら、そのままピアスを開いた穴に通す
  7. キャッチを留める

 

刺す前、ニードルの先で位置を確認するのはやめた方が良いです。

ニードルってすっごい鋭いから、ちょっと舌に当てたと思っても、気付いたらもう刺さっているんですよ。

 

位置が気に入らなくてもそのまま刺していくしかなくなってしまうので、まずは爪楊枝の後ろで位置調節するのがおすすめ!

 

舌にニードルを刺す前、舌を固定するために舌先を前歯につけたりするのはおすすめできません。

それだと舌が巻かれた形になっているので、ニードルが斜めに刺さってしまいます。

舌はまっすぐ前に出して指で固定しましょう。

 

あと、ニードルを舌に貫通させた後、口を閉じられないからヨダレがダラッダラ出ます。

タオルを用意するのが良いですが、洗面所でやると垂れ流しにできて楽でしたよ。笑

ピアスを刺した日は、雑菌が入らないように水だけで過ごしました。

 

舌ピアスはバレる?見せた時の周りの反応は?

私は自分で言うのがなんだか恥ずかしかったし、病んでるアピールみたいで嫌だったので、舌ピアスを開けたことを隠していました。

はじめは誰にもバレなかった。

 

でも、女友達特有の食べ物を「あーん」される時、大声で笑う時、顔を下から見られた時にバレました。

「え?!マキタ、もう一回口開けて!」って。

 

色々言われるのが嫌だったから、意地でも口を開けない私。

「なになに?何もないよ」ってやり過ごそうとしたけど無駄でした。

なんで開けた、どうやって開けた、痛くなかったかとかあーだこーだ聞かれます。

 

そうやって見られたり質問されるのは本当に嫌でした。ほっといてほしい。

おかしいんですけどね。自分で開けたのに見られたくないって。笑

 

バレた時、多分友達はちょっと引いていましたね。

「そういう彼氏と付き合いだした」

「マキタが病んだ」

「自分で舌に刺すとかドM」

色々言われました。笑

 

やっぱり、人があまりしないところにピアスをすると。珍しがられるし引かれることも多いかも。

 

舌ピアスがあることのメリット・デメリットは?

舌ピアスを刺すことには、気持ちの面のメリットしかありません。

その反面、デメリットは多い。

どんなメリット・デメリットがあったか、私の感じたことを挙げてみました。

 

メリット

  • 自己満足
  • 刺す恐怖に耐えた謎の自信が生まれる
  • 自分が強くなった気がする

完全に気持ちの問題です。笑

一方でデメリットはこんな感じ。

 

デメリット

  • 刺した翌日からの腫れが辛い
  • ピアスを口の中で転がすクセがつく
  • 歯が欠ける可能性がある
  • ピアスを取るとすぐ穴が塞がる
  • さらにピアスを開けたくなる
  • 舌ピアスをやめた後、舌に跡が残る

デメリットが多いですね。

 

最初はピアスが口の中にある感覚に慣れません。

取れない飴玉がずっと口の中にある感じ。

だんだん慣れて違和感は無くなっていくのですが、気付いたら舌をぐるんぐるん回して、ピアスを口の中で動かすクセがついちゃうんです。

 

歯と歯の間にはめてみたり、前歯や奥歯で噛んでみたり、歯の裏に当ててみたり…。

私はそれをやりすぎて、奥歯がちょっと欠けました。笑

 

しばらくは舌ピアス開けた!って満足できるのですが、しばらくしたらもっとピアスを増やしたくなるので、それも怖いかも。

顔に開けたくもなるのですが、後悔しないかどうかをよく考えることが大事。

 

それと、私は舌ピアスは1年くらいでやめたのですが、6年くらい経った今でもちょびっと後が残っています。

舌の表面は刺していた場所が白くなっていて、裏面はそこの肉が盛り上がっています。

 

ピアスの刺さっていた部分の大きさだから、ほんの小さな跡なんですけどね。

デメリットはこんな感じ。

 

【おわりに】舌ピアスをしていた時を振り返ってみる

私は大学の時、いきなりどうしても舌ピアスを開けたくなって開けました。

今はもうとっくにやめていて穴も塞がりましたが、なんであんなに開けたかったんだろうってくらい。

他の人とは違う場所にピアスが付いているっていう特別感が欲しかったのかも。

 

若気の至りだったけど、開けてみて良かったな〜とは思います。

今は子どももいるし、もう20代後半。今から開けるのは私にとって心理的なハードルが高いです。

どんな感じなんだろう、開けてみたかったなって思うよりは、若い頃に思い切ってやってみて、体験できたから良かった。

今から開けてみたいって思っているあなた、やりたいことはやってみるのも良い体験になりますよ。

 

ただ、セルフでやるのが不安だったら、ピアススタジオでやってもらうのが圧倒的に安心だと思います。

人にやってもらった方が、ちゃんとまっすぐ刺してくれそうだしね。

 

そんなかんじ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました