赤ちゃん・子どもが好きじゃない!妊娠・出産したら可愛いと思える?

妊娠・出産

突然ですが、あなたは赤ちゃん・子どもが好きですか?

正直、「子どもをそんなに欲しいと思えないまま妊娠しちゃった…」って思っている方もいるんじゃないでしょうか?

赤ちゃんや子どもが好きじゃない人は、産んだ後も自分の子どもを愛するのは難しいのでしょうか?

私の経験談ですが、赤ちゃんが欲しいとも思わず、子ども好きでもなかった私が出産した結果、今ちゃんと子どもを愛することができています。

 

「子どもを可愛いと思わないから、産んだらどうなるか心配…」

「育児放棄しちゃいそう」

「心から欲しいと思っていないから、産んだらお世話できないかも」

現在妊活・妊娠中でこう思っている方の参考になればと思います。

私のみの体験と考えですので、1つの例として見てみてくださいね。

 

子どもを心から欲しいと思えないまま妊活

結婚してから旦那の地元に引っ越し、転職活動を始めようっていう前に旦那が言いました。

「半年くらいは、赤ちゃんができるように頑張ってみない?」と。

 

私は正直、そこまで気が進みませんでした。

結婚はしましたが、子どものことを考えると気が重い…。

まだまだしたいことがある中、子育てなんかが始まってしまったら、ここから約20年間の私の人生はすべて子どものためのもの。

そんなの、修行じゃないですか…。

そもそも子どもを愛せる気がしないし、それでさらに自分の自由がないなんて、産んだ子どもを嫌いになってしまいそう。

 

でも、旦那の望みは叶えてあげたい。旦那の喜ぶ顔が見たい。

それだけの理由から、転職活動はしばらく置いておいて、基礎体温を計りつつ自然な形で妊娠するよう妊活を始めました。

とても身勝手な理由だったと思います。

 

まだ自分の仕事・趣味を優先させたかった

妊活を始めたものの、私は全然乗り気じゃありませんでした。

旦那とそういう行為をするにも、妊娠のためって考えるとなんだかロマンがない。

それに、私はまだ20代前半。仕事もこれからだし、趣味のライブ観戦やスノーボード、旅行を辞めたくない。友達ともまだまだいっぱい遊びたかった。

子どもができたらしばらくは仕事ができないし、趣味に出かけるなんでできなくなるし、きっと友達と遊ぶのが難しくなってしまいます。

それに、母親になったら自分の美容や欲しいものは二の次っていうイメージがありました。

「自分の人生なのに、これから20年も子どものために無駄にするなんて考えられない」って思っていました。

あまり外見を気にしていなさそうな子連れ家族の母親を見ては、ああはなりたくないなとも考えていました。

とにかく、私は自分が可愛かったんです。

 

そもそも子どもに興味がない

旦那は超子ども好きです。

近所の子が遊びに来るたびに、自分から積極的に関わりに行って2、3時間は遊んでいます。

外出先でイヤイヤ期まっただなかの子どもを見ても、釘付けになって「可愛い…」って呟いているくらい。

 

いっぽう私は、子どもにそんなに興味がありませんでした。

「赤ちゃん・子どもだから特別可愛い」っていう感情が沸き上がってこず、一人の人間として関わるだけ。

スーパ―や外食先で大きな声を出す子どもに対しては、「うるさいな」くらいしか思えません。

だから、自分にもし子どもができても、愛せる自信がありませんでした。

あんなにうるさくて、言葉の通じない生き物と生活を一緒にしなきゃいけないなんて拷問だ、くらいの考えをしていました。

 

妊娠しても赤ちゃんを楽しみと思えなかった

そんなこんなで、妊活を始めて2ヶ月くらいですぐ妊娠しました。

望まないまま妊活なんて、今考えると赤ちゃんに本当に申し訳ないです…。

旦那に報告すると、言葉が出てこないくらい喜んでいました。

「実際に妊娠したら、愛情が湧いてくるものなのかな」って期待していましたが、やっぱり私は妊娠を辛いとしか思えませんでした。

 

つわりや胎動が本当に辛い

私にとって、望んだ妊娠とは言えなかったので、つわりはただただ辛いだけでした。

「赤ちゃんが育ってる証拠だから」なんて言われても、育っていることを喜べず。

自分の中に異物が入ってしまったようで、吐いている時は「お腹の中の赤ちゃんが憎い」とまで思ってしまいました。

旦那には言えませんが、「流産 方法」、「流産 確率 上がる」なんて言葉を検索したこともあります。

今考えると、なんて恐ろしいことを思っていたのかと感じますが、当時は本気だったんです。

 

つわりが落ち着いてから感じるようになった胎動も、睡眠の邪魔をする嫌なもの。

夜になると激しくなる胎動にイライラして、お腹を殴ったこともありました。

お腹の中で感じる赤ちゃんのしゃっくりにも、どうしようもないくらい嫌悪感が湧き上がってくるんです。

望んで妊娠した世の中の妊婦さんが幸せだと感じる赤ちゃんの成長が、私にとってはただただ辛いだけのものでした。

 

重くなる体を受け入れられない

赤ちゃんが大きくなってくるにつれて、どんどん体の自由がきかなくなってきます。

座った体勢から立つのもきついし、仰向けに寝られないし、かといって横向きで寝ても楽なわけじゃない。

腰も痛いし、走れないし、ちょっと動くだけで息切れがして、歩いている時には頻繁に休まないと辛い。

心から望んだ妊娠だったら、全部「赤ちゃんのため」って思えるのでしょうが、そう思えなかったのが本当に辛かったです。

 

「どうして子どもなんて欲しくないのに、こんな辛い思いをしなきゃならないの」

「子どものせいで、私の大事な1年が台無しになった」

「子どもを欲しがった旦那のせいだ」

こんなことを思っていて、自分の不幸を呪って泣いたりなんかしていました。

本当に身勝手です。確かに旦那は子どもをとても欲しがっていたけれど、妊活を拒否しなかったのは私なのに。

 

旦那との関係が淡泊になった気がした

妊娠してもう1つ嫌だったことが、旦那に愛されなくなった気がしたこと。

つわりの時期におえおえ吐いていて、きっとその時期から、旦那は私がさらに辛い思いをしないように気を遣っていたんだと思います。

でも、その気遣いによって旦那に距離を置かれている気がして、とても辛かったです。

 

実際、大きいお腹を抱える私に「女を感じろ」というのは難しいと思います。

それでも、私だってなりたくてこの体型になったわけじゃないんだから、お腹の中で子どもを育てて頑張っているんだから、今までと変わらずに接して欲しかったんです。

好き同士結婚したのに男女関係じゃなくなることが寂しくてたまりませんでした。

 

実際に産まれた我が子を可愛いと思えたか?

ただただ辛いだけだった妊娠期間。

「絶対に産まれた子どもを可愛いなんて思えない、子どもになんて構わず自分のこと優先してやる」って思っていました。

 

さて、実際に出産を終えた今。

なんとびっくり、子どもが可愛くてたまりません。

妊娠中とは真逆で、旦那からの愛とかどうでも良く、何よりも子どものために色々してあげたいって思っています。

自分でも信じられません。笑

 

こんなに可愛くて愛しい生き物がいて良いのかって思うし、自分の時間を全部子どものために使いたいし、これから子どもがする病気やケガは、全部私が身代わりになってあげたい。

こんなことを思う自分に驚きしかありません。

 

「産まれた子どもを養子に出したい」とか「旦那と離婚して親権は旦那、私は地元に帰ってまた人生やり直すんだ」とか、子どものいない生活に戻す方法を一生懸命考えていましたが、こんなことを考えていた過去の自分をぶん殴りたい。

こんな私のもとに来てくれて本当にありがとうだし、毎日一生懸命生きてくれてありがとうだし、毎日可愛くってありがとうって気分。

 

人ってこんなに考えが変わることがあるんだなぁって思いました。

過去の私に、「子どもが可愛くて仕方なくなるよ」って言いに行きたいくらいです。

 

まとめ

妊娠中は、とてもじゃないけど子どもを楽しみなんて思えませんでした。

妊娠中にお腹の子どもを愛せていた自覚もまったくありません。

 

しかし今、妊娠中に考えられなかったくらい、毎日子どもが可愛くてたまりません。

泣き止まないことに悩むことは多いし、ちょっとイラッとしちゃうことももちろんあります。

それでも、この子がいてくれるだけで毎日幸せだと感じることができています。

 

だから今、あなたがあまり欲しいと思えないまま妊娠していたとしても、考えが変わる可能性は大いにあります。

妊娠なんて人生で初めてのこと。

自分のこともままならなくなるし、本当に辛いんですよね。

お腹の赤ちゃんを愛せていないなら、なおさらです。

 

でも、大丈夫。

母性なのか何なのか知らないけど、自分から生まれた子どもって実際可愛いです。

「旦那と自分の血を分けた子どもだから」とか、そういうんじゃありません。

自分がいなきゃ何もできない、体を全部委ねてくるこの感じ。まだまだ世の中を知らなくて不安だらけで、ちょっと触ったら壊れちゃいそうなこの感じ。

一生懸命に生きている姿が、本当に本当に可愛く思えるんです。

 

あれだけ妊娠に後悔していた私がこう感じているので、あなたが子どもを産んだ時、愛せる可能性は全然ありますよ。

だから、あまり不安に思わずに、神経をすり減らさずに、残りの妊娠期間をゆっくり過ごして、自分を大事にしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました